桑の葉茶で健康生活を送る|ヘルスケア特集

男女

甘くて美味して健康茶

ウエストを計る女性

どんな効果があるのか

昔は、蚕が食べる桑の葉でしたが、その成分が人の健康にも良い効果があることがわかって、今ではサプリメントとしての桑の葉茶が販売されています。これは、秋に採取された桑の葉を乾燥させたもので、一般のお茶のように飲みます。桑の葉茶の成分は、DNJという桑の葉に特有の物質をはじめ、各種ポリフェノールやミネラル分、食物繊維などです。ただし、カフェインは含まれていません。特にDNJという物質は、血圧を下げたり、血糖値を下げる効果があり、抗酸化物質としても作用します。以上より桑の葉茶の効果効能は、高血圧の改善、コレステロールの値を下げることから動脈硬化の予防、糖尿病の予防、利尿作用、ひいてはダイエット効果もあります。

飲み方と注意点

桑の葉茶は、普通に急須でいれることもできますし、煮詰めて飲むこともできます。急須を使う時には、大さじ1杯か2杯の桑の葉茶を急須に入れ、そこへ熱湯をそそぎます。そして、普通のお茶のように少し待って、好みの濃さになってから飲みます。鍋ややかんなどで煮詰めることもできます。この場合には、1Lの水に対して、大さじ1、2杯の桑の葉茶を入れます。そして、火にかけて沸騰しましたら、泡がなくならない程度の火加減で5分から10分くらい煮出します。いずれの方法でも、甘くて美味して桑の葉茶が飲めます。いろいろな効果効能のある桑の葉茶ですが、これを飲む上での注意点があります。それは、体を冷やす作用があることです。よって、冷え性などの人の場合には、体を温める作用のある他のお茶などとブレンドしてお飲みになることをおすすめします。

Copyright© 2016 桑の葉茶で健康生活を送る|ヘルスケア特集 All Rights Reserved.